STDチェッカー 口コミ

STDチェッカー 口コミ

 

私はいわゆる出張族で全国各地を商談で飛び回っています。

 

 

なかなかハードな仕事ですが、その地方でオススメの風俗遊びが唯一の楽しみです。

 

 

先日も大阪のディープな風俗に商談相手と行き、噂の秘技を試して来ました。

 

 

何故こんなところにこんな美人がいるのかと興奮して、ついコンドームを付けずに行為に及んだのです。

 

 

今までも何回か生で遊んでも大丈夫だったので、つい油断してしまったのです。

 

 

すると3日経った頃から微熱が続き、体中に発疹ができたのです。最初食あたりかと市販の解熱剤や胃腸薬を試したのですが、全然体調は良くなりません。

 

 

かえって体が重く微熱が続いています。私はようやく「あの時に変な病気をもらったのでは?」と疑うようになったのです。しかし仕事は忙しく、平日に仕事を休んで病院に行く時間がなかったのです。

 

 

そこで仕事の合間にパソコンで症状を調べてみると、エイズかもと思える状況なのです。本来は一刻も早く保健所や病院で検査を受けなくてはいけませんが、正直怖かったので行けませんでした。

 

 

しかしこのままほっとくわけにはいかず、さらにパソコンで調べてみました。するとSTDチェッカーという性病検査キットがネットで販売されていることが分かりました。

 

 

しかし肝心のエイズ検査は、感染して3ヶ月以上経たないと検査ができないと分かったのです。あの風俗店に行ったのは、まだ10日ほど前のことなので、まだ正確なエイズの検査はできません。

 

 

しかしこのまま黙って3ヶ月経過するまでは待てないので、とりあえず他の性病(淋病・クラミジア)を検査できるタイプを購入しました。

 

 

早速キットが届き開封すると、中には尿スピッツと咽頭用カルポータが入っていました。

 

 

尿スピッツは紙コップに尿を出し、それを容器に入れます。

 

 

咽頭用カルポータは、綿棒でのどの細胞を拭い取ります。これを検査申し込み書とともに郵便ポストに投函するだけです。

 

 

なお申し込み書には、ID・パスワード・性別・生年月日・採取日を記入するだけで、住所や氏名は記入する必要はなく、個人情報やプライバシーが漏れることはない仕組みです。

 

 

あとは数日後パソコンで確認ページにアクセスし、IDとパスワードを打ち込んで結果を見るだけです。

 

 

私がアクセスしたのは、ポストに投函してから3日後でした。すると明日の夕方に結果が発表されると書かれていました。

 

 

翌日帰宅してから祈るような想いで結果を見ると、ともに陰性と書かれており、ホッと一安心しました。

 

 

どうやら疲れが溜まってストレスから発疹が出ていたようです。

 

 

まだエイズの検査は受けていませんが、それから1週間後にはすっかり体調が良くなり、取り越し苦労だったようです。

 

>>性病検査STDチェッカーの詳細はコチラから<<