STDチェッカー

匿名で検査結果はWEBでチェックできる!プライバシー対策は万全だから安心!

STDはなかなか病院にでかけて検査がしにくいもの。郵送で検査ができるSTDチェッカーでは、HIVエイズ、クラミジア、淋菌、梅毒など27種類のSTDの検査ができます。

 

 

最近ちょっと不安なことがあった、あまり日数がたってない今だから検査をしたいという人には、性病検査STDチェッカータイプP男性用が便利です。

 

 

クラミジア、淋菌と、のどのクラミジア、淋菌という4項目の検査をします。感染の可能性があってから2,3日で検査が可能で、のどへの感染もまとめて調査ができます。

 

 

女性用の同様のキットも人気です。

 

 

血液検査をしたい人はHIV、梅毒、B型肝炎の3項目に特化した検査キットです。タイプPを検査して、少し時間をおいてから血液検査を行うとベストです。

 

 

代表的なSTDを検査したい時は5項目を検査できるタイプEが便利です。

 

 

クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎の検査ができるキットです。男性用は尿と血液、女性用は膣分泌液と血液の基本検査項目のセットになっています。

 

性病検査STDチェッカー検査項目も豊富にあるので、性病かも?と思ったら先ずはチェック!

HIVのことが心配という人には、HIVに特化した男女共有のタイプJがあります。のどのクラミジアと淋菌を検査したい時はタイプNが男女共用になっています。

 

 

クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ、一般細菌、ヒトパピローマウイルス、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)の12項目を一気に検査できるタイプTの女性用なども人気です。

 

 

検査は億劫に感じてしまうものですが、自宅で検査ができるキットですから、プライバシーも安心です。検査は匿名での実施もできるし、郵送するだけになっています。

 

 

採取器具はシンプルで、使い勝手の良いものです。使い方が明記されているので、指示に従って採取します。

 

 

上手くいかないときは電話でサポートしてもらったり、採取器具を送りなおしてもらうこともできます。

 

 

登録衛生検査所で検査を実施しているので、結果は確実です。病院や保健所と同様の検査です。

 

 

心配しているよりも一歩踏み出してみましょう。何もなければ安心ですし、心配ごとが見つかったら、早い段階で治療を受けるきっかけにもなります。

 

病院に検査しにいくのが恥ずかしいという方には絶対おすすめ!

なんだか最近「アソコがかゆい」!

 

 

オリモノの量も多くなった気がするし、よく見るといつものオリモノとはちょっと違う感じがするけど・・・

 

 

もしかして性病にかかっちゃったの?!

 

 

考えてみると、思い当たる節は確かにある。

 

 

でもそんなことのために病院になんていけない!

 

 

恥ずかしいし、周りの目だって気になるし・・・でも、どうしよう?!性病だったら!!

 

 

性感染症・性病=STDは、いまや他人事でないほど広がっているのが現状です。

 

 

「たまたま・・・かな?」

 

 

と、自分に言い訳をしたい気持ちもわかりますが、大きな後遺症や最悪のケースでは命にもかかわることだってある性感染症や性病の怖さ。

 

 

ましてやHIV(エイズ)のリスクも100%ないとは言えません。

 

 

でも、病院に行くのは恥ずかしい、だけど心配!と思っているあなたにプライバシーが守られ匿名でできる性感染症・性病の郵送検査キットがあります。

 

 

その検査キットの名は・・・【性病検査STDチェッカー】。

 

 

この検査キットには、自分でカンタンに検体を採取するための道具がキットになっていて誰にも知られることなく検査結果を知ることができるのがポイント。

 

検査結果がわかって陽性が出たら、病院に行けば大丈夫

指先の血液を採取する血液検査、尿を採取するミニボトル、膣分泌液を採取する器具、のどの粘膜を採取するアイテムと、どれも自分一人で
採取できるようになっている検査キットの内容。

 

 

そして採取したら検査の申し込みに住所や氏名を記入する必要はなく、名前の代わりに自分で決めたIDとパスワードを記入するだけ。

 

 

そして採取した検体を切手不要の返信用封筒に入れて郵送するだけでOK。

 

 

臨床検査に関する法律で定められた施設基準や検査体制を満たした国の認可を受けた登録衛生検査所であなたが採取した検体は検査され、精度の高い検査結果をあなたは知ることができます。

 

 

気になる検査結果は、あなたが郵送する際に決めたIDとパスワードでインターネット上で確認することができます。

 

 

パソコン・携帯・スマホなどどの端末でも確認することができ、検査結果を見終わったら自分でデータを削除することができるのもうれしいポイント。

 

 

この審査結果が陰性であれば、今後こんな心配をする必要がないように気を付ければいいことですし、万が一陽性が出てしまっても病院に行く覚悟も決まりますし、病院では審査結果を伝えることでよりスムーズで的確な治療を受けることができます。

 

 

あなたも性感染症・性病で心配しているなら、まずは【性病検査STDチェッカー】で確認してみるのが第一歩ではないでしょうか。

 

不安を感じたら、性病検査STDチェッカーで検査を

性病と聞くと、性風俗従事者やセックスワーカーの人がするものという思い込みがあるかもしれません。

 

 

ところがHIV/エイズやクラミジアなどの性感染症や性病への感染は年々増し、患者のほとんどはごく普通の人です。

 

 

望まぬ妊娠を避けるための避妊に神経を払う人でも、案外感染症については無防備な現実があり、性病でなくても例えばB型肝炎も性交渉で感染します。

 

 

将来の健康に重大な支障を与えかねない病気です。

 

 

もしかしたら・・と思ったら、すぐ検査して自分の健康状態を確認する必要があります。

 

 

ところが保健所や産婦人科、泌尿器科に行きづらいという方は少なくないようです。

 

 

とりあえず検査する、正しい事です。

 

 

ところが頭で分かっていても足が向かない、うっかり知りあいに会って検査を受けたことが知られたらどうしよう、と思うと行動に移せないことがあるようです。

 

 

そんなときに、性病検査STDチェッカーがあります。

 

 

誰もが匿名で性病検査を受けられる検査キットです。

 

 

基本検査項目とオプション項目の中から選んで、自宅で採取、郵便でキットを送り、結果はネット確認、プライバシー重視の検査です。

 

国の認可を得た登録衛生検査所で検査を行います。

性病検査STDチェッカーは男性用・女性用・男女共通用と分かれています。

 

 

男性用・女性用のキットで性器とのどから、男女共通用は血液で検査するようになっています。

 

 

このキットで受けられる検査項目はHIV/エイズ、クラミジア、淋菌、梅毒にはじまり、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、トリコモナス、カンジタ、悪性のヒトパピローマウイルス、C型肝炎、成人T細胞白血病など最大で27種類。

 

 

どんなに気をつけていても、性行為は相手(パートナー)のいることです。

 

 

自分は絶対大丈夫と思っていても不意に不用意な好意をパートナーに要求されて、断れずに応じた結果、感染してしまうかもしれません。

 

 

誰も感染の可能性を否定することはできないのです。

 

 

性病検査STDチェッカーがあれば検査を自宅で受けられて、保険証もいりません。

 

 

誰にも知られず、安心して検査を受けることが出来ます。

 

 

いかなる病気であっても、早期発見・早期治療が重要です。

 

 

感染していれば他人に移す可能性もありますし、何より時間とともに自分の体が病気にむしばまれていくのです。

 

 

性病検査STDチェッカーなら、リーズナブルな費用で、感染か否かを知ることができます。

 

 

もしかしたら・・と思うなら安心を得るためにも、感染している場合すぐに治療に入るためにも、性病検査STDチェッカーで自分の健康状態を確認しましょう。

 

>>性病検査STDチェッカーの詳細はコチラから<<